LGBDについて考える社会になるために

LGBT の性的少数派者への社会的人々の理解は、今後さらに社会の取り組みを改善するべく深めていくべき事柄であるのではないでしょうか。トランスジェンダー(LGBT)は、実際に職場や社会生活の中での日常生活に困難を極めている人々もいれば、特にそのような障害を感じていないという人々もいるようです。例えば転職などで履歴書を作成する際に、性別を記載する欄などがありますが、そういった場合にどのように自分自身の性別を表現すれば良いのかなどに悩みを抱え、実際に自分自身のキャリアプランを構築できないでいる方々もいるようです。また実際に、求人要項などに応募する際に、トランスジェンダーであることは書類選考の段階で通知しておくべきなのかといったように、大抵の人々が何の抵抗も感じていないような事柄に、大きな抵抗を感じている人々がいるようです。トランスジェンダーとされる彼らの存在を受け止める側の社会のあり方によって、普段の日常生活を生きずらくもさせてしまっているようなのです。トランスジェンダーであることをカミングアウトしていない人たちにとって、戸籍上の性別や今後身分を証明する際に活用されるであろうマイナンバーカードなどから、望んでいない個人情報を社会に暴露されてしまうことなどに、大きな懸念を抱いているのではないでしょうか。同性のパートナーがいるような場合にも、雇用者側から提供される福利厚生や家族や配偶者への手当てなどが、対象外になってしまっているケースなどもあるようですので、同性パートナーについては、男女間の結婚から比較すると社会的なシステムの多くが不平等的な扱いとなっている事柄も社会的な大きな問題として捉えていく必要性があるのではないでしょう。

コメントは受け付けていません。