サービス残業

今の時代にサービス残業を放置していると、求人活動にも悪影響を及ぼします。

過労に関する悪評はネット上に書き込まれやすく、それを閲覧した求職者が応募する可能性はありません。残業という働き方は、そもそも効率が悪いのだと心得る必要があります。残業手当が発生するのにもかかわらず、仕事量は昼間のそれと変わりません。

ですから理想的なのは、業務の分担が適切に行われ、残業時間を最小限に食い止めることなのです。それでも定刻を超えてしまう場合は、致し方ありません、法令に則って残業代を払わなければなりません。

この残業代が払われていないケースは、意外に沢山存在します。

未払いに気付いた時点で、早急に支払うようにします。

万一支払いが滞ると、退職した人などが訴訟を起こす可能性も捨てきれません。

1度訴訟が発生すると、連鎖請求に繋がることもあるため、人事や総務は確認を怠るべきではありません。

さて、中小企業の社員に長く働いてもらうためには、経営者や管理職が社員にやりがいを与えなければなりません。

与えると言っても、難しいスキルを要しません。

目上の立場で何をすべきか、経験を積む中で気付くものです。

中でも「褒める」「信頼する」といった言動は大切になるでしょう。

無理矢理褒めても不自然ですから、普段から部下の仕事を適切に評価しつつ、頑張っている姿を見ておくことが求められます。

そうすれば、部下の何が素晴しいのかを具体的に話すことが出来るため、心から喜んでもらえるはずです。褒めるだけならコストは掛かりません。

しかしその効果は絶大で、社員の労働意欲は非常に高まります。下手な経営者はこの事実を軽視しているためか、中々他人を褒めようとはしません。

      

従来の求人募集とGoogle for jobs【IllUME】のTOPへ戻る

コメントは受け付けていません。