人間力とスキル

中途採用に臨んでいる採用担当者は、何を基準に選考しているでしょうか。

筆者に言わせれば、選考基準は2つに大別されます。

一つはスキル、もう一つは人間力です。多くの中小企業は前者のみを重視して選考に当たりますが、それは全くの誤りです。

スキルも重要ですが、それ以上に人間力が問われなければなりません。ではスキルも人間力も完璧な人材を求めれば良いのでしょうか。

実はそれも誤りです。

何故なら、そのような人材は転職市場では稀有だからです。パーフェクトな人材を確保しようとすると、採用活動に際して相当の時間と費用が掛かります。それだけの余裕がある中小企業は少ないでしょう。

時間的余裕も経済的余裕もない中小企業は、最初からSクラスの人材を諦め、Aクラスの人材に的を絞って採用活動すべきなのです。Aクラスかどうかを見極める際、明確な基準を設けることが大切です。

その基準作成に当たっては、求める人材像を明確化することが必要です。

例えば、前職ではどの役職に就いていたのか、何に不満を抱いて転職を決意したのか、その不満を解決できる環境を会社として提供できるか、といった思索が求められるでしょう。

さて、求める人材像を明確化する際、他にも気を付けるべきことがあります。

それは、採用担当者や経営者のみで決めてはならないということです。

つまり、現場で働く平社員は同僚として望む人物像を抱いているわけですから、それを聞き出すことが何よりも大切なのです。

      

従来の求人募集とGoogle for jobs【IllUME】のTOPへ戻る

コメントは受け付けていません。