企業理念から選考方法を考える

企業理念が明確化されている会社であれば、採用活動は順調に進むようです。

何故なら、企業理念を基に、求める人物像が明らかになるからだそうです。求める人物像の言動、経歴を具えているかどうかを見抜くためには、選考方法を適切に選択しなければならないでしょう。

選考方法が決まれば、面接で何を聞けばよいのかが自ずと分かるかと思います。

後は質問事項を採用担当者と面接官とで共有すれば、優秀な人材を確保できるという寸法なのだそうです。選考方法や質問事項を完璧に準備できたとしても、求人広告に何かしら問題があるとせっかくの準備も意味の無いものになってしまう場合があります。

中小企業の多くは、求人広告を出す時点で大企業との勝負を避けようとするそうです。その結果、奇を衒った広告や、色々な誘引材料で惹き付けようとするようです。確かに知名度があまり高くない場合は、求人広告を作成したとしても大企業には敵わないと考えてしまうかもしれません。

しかし、どんなに凝った求人広告を出していたとしても、企業理念が欠落していると閲覧者に本質を見抜かれてしまい、結局「応募してくれる人が増えない。」という事も考えられます。求人広告に求められるのは、一言で言えば「他社との違い」です。特に「競合他社」との違いは非常に重要なようです。

もし応募者の中に他者との違いを明示出来ない人がいたとすれば、その人が見ているのは他社との違いではなく「給与」等の「条件」であり、志望動機自体も曖昧である可能性がでてきます。そのため、彼らを雇い入れたとしても、早期に離職してしまうかもしれません。会社の理念に共感しないまま、同じ仕事を毎日延々と続けることは難しいのではないでしょうか。

裏を返せば、他社との違いに着目して応募してくる人たちは、会社の理念に賛同している可能性も高く、長く貢献してくれることを期待できるかもしれません。

      

従来の求人募集とGoogle for jobs【IllUME】のTOPへ戻る

コメントは受け付けていません。