人間関係と離職率

特に離職率の高い企業は頻繁に採用活動に従事する傾向にありますが、採用活動のコストを考えると、長く働いてもらう方が会社にとって好都合です。

社員が退職してしまう理由は様々ですが、その中に「人間関係」があります。

優秀な人であっても、人間関係に支障のある環境下では働きにくいものです。仮に経営者や上司に相談したところで、彼らも問題を発生させている人間を簡単に解雇するわけにはいきません。ではどうすればよいのか。

まずは社会保険労務士に相談することが解決に繋がる可能性もあります。社会保険労務士の仕事に関心の無かった人は意外に思われるかもしれませんが、職場の環境を整えるのも彼らの仕事なのです。

会社としては人間関係を壊してしまう人を雇い入れるのは大失敗だと言えます。

過去の失敗を活かして、採用基準を随時見直す必要があります。

しかし採用試験や面接だけでは見抜けないこともありますから、万一問題を起こす人物が所属している場合は、管理職への昇格・人事異動に際して慎重な選考が求められます。中でも管理職は部下を纏める立場ですから、皆に信頼されていなければなりません。

人と人との関係を深めるために、同僚同士の飲み会等を積極的に開催している会社は多いように感じます。ですがもちろん飲み会のようなイベントを嫌う社員も少なからずいるでしょう。

特に若い世代は、就業時間外に開催される飲み会自体に抵抗を感じる傾向にあるようです。彼らを無理に誘うことは禁物ですが、それでも一応定期的に声だけはかけておくことでトラブル防止に繋がる可能性があります。

      

従来の求人募集とGoogle for jobs【IllUME】のTOPへ戻る

コメントは受け付けていません。