人間関係を大切にする会社

会社や学校のように、大人数が集まって長時間共同作業するような環境下では、人間関係に問題が生じてしまうケースもあります。

その問題の程度が大きければ大きいほど修復するのは難しくなってしまいます。

何かしらの問題がある場合、会社として対応する必要が出てくるでしょう。社員は皆立派な大人ですが、個人の努力だけで良好な人間関係を継続できるものではないのです。入社から数年以上の期間を経ると、何らかの不満を抱えながら机に向かっている社員が増えてくる可能性があります。

そうすると、その職場は誰にとっても気持ちの良い場所ではなくなってしまいます。そういった際に会社が組織として介入することが出来れば、職場の環境は大幅に改善されるといっても良いでしょう。

例を挙げましょう。いわゆるランチミーティングを実践している会社もあります。ランチミーティングとは、管理職が部下とランチを共にしながら、仕事やプライベートの話題に花を咲かせることを言います。

中にはマンツーマンで話を聞く人もいるようですが、そのような会社は胸襟を開いて相談できる環境が整っているのでしょう。ランチだけではありません。

ティータイムを導入する会社もあれば、飲み会の費用を経費で負担しているところもあります。ただし必ずしも導入が成功に繋がるとは限りません。中には「ランチタイムぐらいは1人でゆっくり過ごしたい……」などと考える人もいるはずです。導入にはそういった状況をふまえ、慎重になる必要があります。

人間関係が良好な会社は、退職する者が現れにくく、結果的に採用活動の頻度は低くなります。会社としてはコストが低下し、歓迎すべき事態なのですが、1つだけ気を付けなければならないことがあります。

それは、スタッフの固定化に伴ういじめの問題です。特に同じメンバーで長期間顔を合わせていると、いじめのターゲットとなる人が出現し易くなったり、いじめが悪化しやすくなったりします。管理者は注意するようにしましょう。

      

従来の求人募集とGoogle for jobs【IllUME】のTOPへ戻る

コメントは受け付けていません。